So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

梨のタルト [お菓子]

ジャムとは別に梨のタルトを作りました

コP8270030.JPG

梨を大きめに切って
形が崩れない程度にゆるゆるに煮ます

タルトを焼いたら梨ジャムを敷いて
アーモンドクリームを乗せて焼きます
アーモンドクリームはバターの代わりに
クリームチーズを使ってみました

タルトが焼けたら、煮ておいた梨を敷いて
表面を軽く焼いたら出来上がり



切ってみるとこんな感じです

コP8270036.JPG


梨に酸味が少ない分クリームチーズの酸味が丁度いいです



コP8270019.JPG

コーヒーゼリーも作りました
シンプルですが
豆の香りがとても良いです


おしまい







nice!(37)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

梨ジャム [ジャム]

実家から梨が送られてきました


実家の方は梨の産地で梨農家が沢山あります。
送ってもらえるととても助かります

コP8270025.JPG

立派な梨でした


沢山もらったので、一部ジャムにしました。


コP8270028.JPG


身が崩れない程度に緩めに仕上げて
梨3個で3瓶分できました。


コP8270038.JPG


こんな感じで出来上がり




おしまい



nice!(54)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

クリームパン [パン]

もうヒガンバナが咲き始めました
雨続きで変な夏でしたが、いつの間にか秋になってきています


2P_20170910_163421_vHDR_Auto.jpg


また丸パン

コP8200006.JPG

ふっくらと出来ました


メロンパンは前回のメロン生地の残りです
冷凍しておくと、しばらく使えます


コP8200008.JPG


クリームパンも作りました

コP8200009.JPG

クリームパンとえばこのグローブみたいな形が定番です

コP8200012.JPG



クリームがたっぷり入りました
はみ出ると油分でパン生地が上手く閉じられなくなるので
クリームを沢山入れるのは結構難しいのです
パン屋さんさすがです。



おしまい


nice!(51)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

月岡芳年 妖怪百物語 [お出かけ]

P8150066.JPG

太田記念美術館に月岡芳年の妖怪画を見てきました


太田美術館はラフォーレ原宿の裏にあって、若者の街と浮世絵は合わない気がしますが
外国の方が結構見に来ていたのでそういう意味では好立地ともいえます。


今回の展示は芳年のデビュー時から最晩年の妖怪画を集めています
同じ題材を扱ったものもあり、画風の変遷が興味深く感じられます



こちらは紅葉伝説
戸隠山の鬼女退治の伝説で歌舞伎にもなっているそうです

09734a77a.jpg
慶応4年


toga0513a.jpg
明治20年

2456-C001-016a.jpg
明治23年

慶応4年の作品は初期の作品で、師匠の国芳の影響を受けた浮世絵らしい作風です
晩年の作品ではより写実的となり静謐な画風に変わっています。

場面は最初が鬼女の正体が現れ退治しているところ
真ん中は鬼女の正体がばれた瞬間、鬼の姿は川面に映っています
下はその直前、こちらの鬼の姿は杯に映っています



こちらは道成寺の清姫
日高川を渡って蛇体になる直前の姿です


20130717143407.jpg
慶応元年



20130717143301.jpg
明治23年

上は生々しい恐ろしさを感じます
下は美しい仕上がりですが、それだけに秘めた情念を感じます。
着物や帯の模様が蛇の姿を連想させます






こちらは舌切り雀の最後の場面
大きいつづらからお化けが飛び出したところです。


tsukio0103.jpg

お化けは出てきますがこれも妖怪ものなのでしょうか



この後ブルターニュのお菓子を買って帰りました
写真を撮る前に食べちゃったので
今回はグルメのお話はなしです。



おしまい



nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

丸パン [パン]

最近の丸パンはこの形がお気に入りです

コP8110014.JPG



同じ生地で上に玉ねぎとオクラと赤ピーマンとチーズトッピング
フォカッチャよりも柔らかい食感です。

コP8110018.JPG



そしてメロンパン

コP8110023.JPG


残ったメロン生地は冷凍してまた使います




おしまい


nice!(51)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

グレープゼリー 抹茶ゼリー [お菓子]

こちらのグレープジュース

コP8140060.JPG

レッドと書いてあるけれど、パッケージイラストは透明っぽいので
買ってみたら


コ.JPG

全然透明じゃありませんでした。
ブドウ入りグレープゼリーです。。
中のぶどうはちゃんと見えるし
なんかきれいなので良しとします。


コP8140059.JPG

こちらは抹茶ゼリー
上に乗っているのはチョコ
これからの季節によさそうです。




こちらはお弁当

コP8140046.JPG

枝豆ご飯です。


コP8150063.JPG


こちらはお稲荷さん
時々食べたくなります。



おしまい






nice!(60)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

バジル収穫 [昼飯]

ベランダのバジルが茂ってきたので
本格的に収穫しました

といっても一鉢だけなのでこのくらい

コP8160069.JPG


これでバジルペーストを作ります
バジルの葉っぱにオリーブオイルその他の材料を入れて
ハンドミキサーでぐるぐる


コP8160072.JPG

細かく擦りつぶされれば出来上がり

コP8160076.JPG

ひと瓶分できました。


これでパスタにしたり

コP8160004.JPG


リゾットにしたり

コP8200014.JPG


植木鉢のバジルは少しだけ残してあります
サラダにしたり、トマトと一緒に使ったりする予定。


おしまい





nice!(49)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボストン美術館展 [お出かけ]

コP8130033.JPG


コP8130036.JPG


上野公園の東京都美術館に行ってきました
見てきたのはボストン美術館展

ボストン美術館といえば
明治維新の混乱期にフェノロサ等によって持ち出された
数々の日本美術が有名ですが
今回はエジプトから中国、日本、
ヨーロッパ、アメリカそして現代美術まで選りすぐりの
作品が展示されています。


今回の目玉はこちら

20170722153759.jpg

英一蝶の涅槃図です
ボストン美術館でも1度きりしか公開されておらず
今回きれいに修復されて日本初公開だそうです



西洋絵画では

bba9f6ed-s.jpg

ゴッホの郵便配達人ジョゼフ・ルーラン

これとセットの子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人は
それぞれゴーギャンとの共同生活前後に書かれたもので
画風の違いが興味深いです。


20170722152504.jpg

ミレーの編み物の稽古
こちらはあまりキリスト教っぽくない感じです
ミレーの絵画を見ていると心が落ち着きます


20170722154437.jpg

モネのルーアン大聖堂
睡蓮と同様に何作も描かれた代表作の一つです
日差しに溶けてしまいそうです


お盆前の日曜日にもかかわらず、混雑もなくゆっくり鑑賞できました
科学博物館の深海展のほうが混んでいたようです



美術館を出たところでお昼になったので
上野で昼食

コP8130039.JPG

とんかつ屋さんでヒレカツとエビフライのセット


この後秋葉原まで歩いて

コP8130044.JPG

ブリオッシュ ドーレでブリオッシュを買って帰りました
ブリオッシュだけでなく、クロワッサンやフランスパンも売っています

右のはガナッシュ入り、とろっと柔らかくて美味しいです
左のチョコは食感がいまいちでした。



おしまい


nice!(57)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブドウジャム [ジャム]

ブドウがお買い得だったので買ってきました
種なしで皮ごと食べられるブドウです


コP8110032.JPG


味見のために、房半分ほどそのまま食べて
残りはジャムにしました



コP8110025.JPG


ひと房と半分で瓶2本分出来ました



コP8110030.JPG



ビスケットに乗せて試食です
少し緩めに作っています



おしまい
nice!(55)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ルバーブとアンズのタルト [お菓子]

ルバーブジャムを使ってタルトを作りました

ココア味のタルト生地にルバーブジャムを乗せて
アーモンドクリームを敷いたらアンズを並べて
タルトを焼きます

焼きあがったらルバーブジャムを乗せて出来上がり


コP8060008.JPG

断面図はこんな感じです。


コP8060012.JPG


ルバーブとアンズの酸味が爽やかです。



コP8060002.JPG


残ったアンズは刻んでゼリーにしました。


おしまい


nice!(63)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -
メッセージを送る