So-net無料ブログ作成
検索選択

大英自然史博物館展 [お出かけ]

ゴールデンウイークに科学博物館で開催の
大英自然史博物館展に行ってきました。

コP5020159.JPG

今回の目玉は始祖鳥化石のロンドン標本。
学術的にも歴史的に貴重な化石で、直接見る機会はめったにないので
是非見ておきたかったのです


コP5020120 - コピー.JPG

写真で良く見るベルリン標本に比べると頭が隠れているのですが
とても美しい姿です。

この写真の横には化石に被さっている凹版のほうも展示されていて
凹版があったことは初めて知りました。びっくり


大英自然史博物館には、動物、植物、鉱物の標本のほか、図書や図版など
ありとあらゆるものが収蔵されています。


今回の展示も貴重なものばかり

オーエンによってはじめて恐竜と名付けられた、イグアノドン類の骨盤化石


コP5020085 - コピー.JPG


ダーウインがペットにしていたガラパゴスゾウガメ

コP5020108 - コピー (1).JPG


スコットが南極探検の際に撮影したペンギンとペンギン幼鳥の標本

コP5020129 - コピー.JPG

コP5020127 - コピー.JPG


その他、絶滅した巨大鳥モアの骨格


P_20170502_130712_vHDR_Auto.jpg


サーベルタイガー

コP5020143 - コピー.JPG


アリスで有名なドードーの模型


コP5020147 - コピー.JPG



そして、いかにも黄金虫なコガネムシ

コP5020140 - コピー.JPG


最後に展示されていたのが

コP5020157 - コピー.JPG


人類の進化の本を読むと必ず出てくるピルトダウン人の標本

これは現代人の頭蓋骨とオランウータンの下顎骨を組み合わせたねつ造品で、
日本でいうとゴッドハンドみたいなもの。

40年間もねつ造がばれなかったのは、人類は脳が先に発達したという
優越感から(本当は脳が大きくなったのは二足歩行して顎が小さくなった後だった)
うそが見抜けなかったということです。

このような嘘の物もきちんと残して伝えているのです


大英博物館の展示なんて、イギリスが力に任せて何でもかんでも集めてきたもの
などと思っていましたが、ここから新しい発見がいくつも生まれていて
残しておくべき貴重な遺産なんだと認識させられました。


時間がなかったので通常展示は見られず

ここだけ覗いてきました

コP5020165 - コピー.JPG

ここの展示は、何時間でも見ていられそう。とても癒されます。


おしまい




















nice!(51)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 51

コメント 2

Inatimy

すごい展覧会を開催してるんですね、
これは近かったら絶対に観に行きたい^^。
標本、迫力ありますね〜。
by Inatimy (2017-05-29 16:45) 

たかおじー

そんな展示をやっていたんですね。
観に行きたかったです。
by たかおじー (2017-05-29 22:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る