So-net無料ブログ作成
検索選択

驚きの明治工芸展 ダジョルジョ [お出かけ]

東京芸大美術館の驚きの明治工芸展に行ってきました

コPA100132 - コピー.JPG



明治期の工芸師たちの超絶技巧が堪能できます
目玉は自在置物
まるで生きているように関節が動く動物の置物です



コPA100004 - コピー.JPG

会場に入ると3メートルの龍の自在置物がお出迎え


コPA100013 - コピー.JPG

そしてこちらはヘビ
まるで生きているような表情


コPA100014 - コピー.JPG

そしてくねくねと動かすことができます。


コPA100067 - コピー.JPG

こちらの龍も迫力満点


コPA100068 - コピー.JPG

怪物のような魚はシャチホコです



スズメは動きませんが、凛々しい姿


コPA100036 - コピー.JPG


金工だけでなく木彫も


コPA100045 - コピー.JPG


今にも鳴き始めそうなカエルに


コPA100043 - コピー.JPG

爬虫類らしい光沢のあるトカゲ


コPA100049 - コピー.JPG


柄杓に乗っているアマガエルが可愛らしいです


さらにこちらは

コPA100114 - コピー.JPG


骸骨に絡みつくヘビの香炉
おどろおどろしいモチーフですが、なんだかユーモラス



このほかにも、焼き物や漆器、七宝など目を見張るものばかり
HNKでも紹介されていたようで、芸大美術館にしてはかなりの人出でしたが
十分堪能できました。



コPA100125 - コピー.JPG


あとネコ
あまりかわいくない



このあと広小路まで降りてお昼にしました


ダジョルジョでピザ

コPA100148 - コピー.JPG


薪窯を使った本格派です


コPA100143 - コピー.JPG


頼んだのはシンプルなマルゲリータ


コPA100144 - コピー.JPG


ナポリピザは縁がおいしい
サクッとしてもちもちです。



おしまい







川越まつり キツネ [お出かけ]

川越に行ってきました


コPA160061 - コピー.JPG

ちょうどこの日は川越祭りですごい人出。


お祭りを楽しむ前に喜多院に寄ってきました


コPA160038 - コピー.JPG


喜多院は江戸時代初期に家康から家光まで使えた天海僧正ゆかりのお寺で
家光が誕生した部屋や春日局がお化粧をした部屋が移築されています。


コPA160047 - コピー.JPG


こちらは埼玉県民ならおなじみ
蔵づくり本舗CMに登場する五百羅漢様です。


喜多院を楽しんだ後は、お祭りに突撃


すでに山車が戦っています

コPA160078 - コピー.JPG


向き合う人形の下では

コPA160081 - コピー.JPG


狐と癋見の戦いが繰り広げられていました


コPA160099 - コピー.JPG


白狐はアップで見ると口がパクパク動くようになっています。かっこいいです。


コPA160098 - コピー.JPG

こちらは赤い顔をした狐

ポーズが決まってます


他にも

コPA160067 - コピー.JPG


獅子舞がいたり

コPA160077 - コピー.JPG


可愛いおかめの女の子が踊っていたり
いろいろ楽しめました


コPA160125 - コピー.JPG


川越といえばサツマイモ
なのでサツマイモソフト

お祭りは夜まで続きますが
翌日会社なので電車が混雑する前に帰りました。




おしまい




ダリ展 麻布十番お祭り [お出かけ]

連休にダリ展にいってきました

こP9180027 - コピー.JPG


まだ始まったばかりですが、連休なのですごい人出
国立新美術館で10分待ちの行列になったのは初めてです


初期作品から晩年まで展示作品数がかなり多いので
じっくり向き合うとかなり疲れます
竹中直人の解説もかなり疲れました

おなじみのシュルレアリスムの作品がずらっと並びますが
初期のポスト印象派やキュビスムの作品も興味深いです。若さと才気を感じさせます

また絵画の他にも舞台デザインや宝飾デザインの作品も展示されています
不思議の国のアリスやドン・キホーテの挿絵もありまます


上映されている映画は、何年か前にシュルレアリスム展で上映されていた作品
上映時間が結構長いので、全部見ていると丸一日がかりになりそうです


ダリ展でかなり頭を使い、おなかも減ったので
麻布十番まで足を延ばしてお昼にすることにしました。


こんなお店がオープン前の試食会をやっていました

こP9180032 - コピー.JPG

無施肥・自然栽培・天然菌の食材を使ったテイクアウトのお店らしいです
せっかくなので試食をさせてもらいました


こP9180030 - コピー.JPG

ごはんに野菜に豆腐にフルーツに味噌汁もついて豪華な試食セット
味噌美味しいです


さてこの日はちょうど麻布十番のお祭りで

こP9180038 - コピー.JPG

すごい賑わいです


こP9180040.JPG


カフェのテラス席でこんなのを食べながら、お祭りを眺めていました


食べ終わったら、お神輿のあとについて街をぐるぐる

こP9180055 - コピー.JPG

こP9180059 - コピー.JPG

こP9180061 - コピー.JPG

こんな感じで夜中まで町中を練り歩くようです。


お祭り気分を味わったあとは

こP9180052 - コピー.JPG

ポワンタージュでお土産のパンを買って
予約していた難波家のたい焼きを買って

こP9180065 - コピー.JPG

帰りました



おしまい








ひみつ堂 徳川霊廟 [お出かけ]

こぴP8160033 - コピー.JPG


ひみつ堂にかき氷を食べに行ってきました

開店前に行ったのに、すでにお店の前には行列が出来ていて
後から来た人は、整理券をもらって帰っていきました


かき氷のメニューはこちら

こぴP8160031 - コピー.JPG


手動のかき氷器で休みなく削っています
大変そうです


こぴP8160037 - コピー.JPG



生メロンヨーグルトかき氷を頼みました


こぴP8160040 - コピー.JPG


娘はいちごヨーグルト

こぴP8160038 - コピー.JPG


氷にはヨーグルトがかかっていて、蜜は後からかけて食べます


ふんわりして美味しいです
山盛りの氷も全部たべてしまいました。



こぴP8160046 - コピー.JPG



この後、谷中をぶらぶらあるきつつ
谷中霊園の方に向かいます


こぴP8160052 - コピー.JPG


谷中霊園には徳川慶喜の墓所があります



こぴP8160055 - コピー.JPG


こぴP8160057 - コピー.JPG



将軍のお墓だけあって大きくて立派

ただ、周りがお墓だらけなので迷ってしまいそうです



こぴP8160065 - コピー.JPG


こちらは寛永寺にある霊廟


奥には徳川綱吉や篤姫の墓所があります



こぴP8160066 - コピー.JPG



こちらは上野公園に向かう道沿いにあります。
徳川家綱の霊廟

こちらは門だけのようです。





ひさしぶりに良い散歩になりました


おしまい

木々との対話展 [お出かけ]

コピー54C3-620 -.jpg

東京都美術館で見てきました
メインの展示では無いのですが舟越桂の彫刻が見られます


展示内容は説明しにくいので特設サイトから転記させていただきます

1926(大正15)年、上野公園に開館した東京都美術館は、このたび開館90周年を記念し、「木々との対話―再生をめぐる5つの風景」を開催いたします。本展覧会は現代作家5名──國安孝昌、須田悦弘、田窪恭治、土屋仁応、舟越桂─の作品により、木という素材による表現の奥深さを体感いただこうとするものです。
命ある存在として、人々の暮らしに深く関わる木に、私たちは古来より親しんできました。木は希望の象徴でもあります。3.11から5年を経た今年、本展は「木と再生」をキーワードに、多様な表現が並びます。
木材と陶ブロックで、生命力溢れる巨大なインスタレーションを手がける國安。本物と見まがうほどの精緻な植物の彫刻によるインスタレーションで、空間を一新させる須田。廃材に金箔を貼るシリーズの旧作とともに、野外でのイチョウを使ったインスタレーションに挑む田窪。動物や幻獣の姿により幻想的な世界を展開する土屋。そして肖像彫刻や「スフィンクス・シリーズ」など異形の人物像により、彫刻表現の新境地を開拓し続ける舟越。5名の作家による全く様相の異なる「5つの風景」には、木という素材ならではの深遠なる象徴性が存在していることを感じとっていただけることでしょう。


舟越桂の作品

コピーP8160078 - コピー.JPG

20150403-takahashicollection04_v.jpg

物憂げで優し気な表情に引き込まれます
滑らかな彫りと粗い彫りのバランスが美しいです

下の作品はスフィンクスです。


須田悦弘の作品

コピーP8160071 -.JPG

展示室外のレストランに展示されています
本物の朝顔のようですが、木彫作品です

コピーP8160072 -.JPG

花の根元に彫り跡が残っています。
とても繊細な作品です


田窪恭治

コピーP8160075 -.JPG

屋外お銀杏の木を使った作品
どこが作品かというと、オレンジのレンガをと砂利を敷き詰めているところ
だそうです

國安孝昌の作品

コピーP8160081 -.JPG

広い展示室いっぱいに木材とレンガで構成された作品です
写真は上から見たところ
下から見てもすごい迫力です。
展示期間が終わったら壊されてしまうのでしょうか
もったいない気がします


土屋仁応の作品

コピーP8160073 -.JPG


img1.jpg


滑らかな木肌に白く塗装された動物たちがたくさん展示されています
想像上の動物も実在の動物と同じように存在感があります
たぶんこの動物たちは人間の言葉を話すでしょう

あとネコかわいいです



おしまい


恐竜博 日本種うさ氷 [お出かけ]

P5150147.jpg

恐竜博に行ってきました。
毎年行っているような気がしますが3年ぶりの恐竜博です。
今回も最新の研究成果が展示されているようです。


入り口を入ると恐竜の進化について解説しています。

P5150007.jpg


恐竜と他のは虫類との違いは直立した足と言われていますが
恐竜が分化する頃は恐竜以外も直立二足歩行していました。

P5150019.jpg

こちらはアジリサウルス、恐竜との共通祖先から分岐した恐竜とは
別のグループに属します。

P5150036.jpg

こちらはヘテロドントサウルス、初期の恐竜です。
較べてみても同じように見えて、どちらが恐竜じゃないかなんて分かりません。
今は、骨盤の股関節に穴があいているか、という
随分細かい所で分類しているそうです。


昔はワニの仲間も二足歩行していたらしいので
進化の結果二足歩行するのは恐竜だけになっちゃったという事のようです


こちらはクリンダドロメウスの復元

P5150143.jpg

トリケラトプスにつながるグループの恐竜で、鳥の祖先とは別の系統にいる
クリンダドロメウスに羽毛が生えていることから、恐竜は進化のかなり早い
段階で羽毛を持っていた事がわかりました。

P5150140.jpg

骨だけで羽毛が生えているのがなぜ分かるかというと

P5150134.jpg

羽毛の化石が発見されているのでした。

羽毛を持った恐竜といえば
今回コウモリのように被膜をもった恐竜が展示されています。

P5150060.jpg

恐竜から鳥が生まれる過程で、色々試行錯誤が合ったことが分かります。


さて今回の目玉は最大の肉食恐竜スピノサウルスの展示です。

P5150092.jpg

なんだかワニみたいでカッコ良くない。
四足歩行で、水の中で魚を食べていたそうです。

P5150099.jpg

復元図はこんな感じ。日本でも歯の化石が見つかっているそうです。


P5150102.jpg

やっぱり肉食恐竜といえばティラノサウルスがいないと盛り上がりません。
今回の展示で一番人気でした。


恐竜展の後は、常設展示も見学
展示のしかたも随分変わって、子供でも大人でも科学に興味を持つような
楽しい展示になっています。

P5150177.jpg

こちらは昔から展示されているアロサウルス
僕が科学博物館で最初に見た恐竜がこれです。


P5150183.jpg

科学博物館を楽しんだ後は
うさぎカフェでかき氷を楽しみます。

P5150179.jpg

白いかき氷ですが、氷にほんのり甘い味がついています。
なかにはうさぎやのあんこが。

あんこに日本酒をかけていただきます。
日本酒とあんこが合うとは驚きでした



おしまい


薔薇 [お出かけ]

与野公園の薔薇が満開になりました。
バラ祭りの前ですが、天気もよかったので見に来ている人が沢山いました。

P5140023.jpg

こうやって撮れば人もそれほど気になりません。

さらにこうすれば、花しか見えません。

P5140022.jpg

まとまって花をつけているので、咲いている姿が花束のようです。


P5140017.jpg


P5140018.jpg


P5140015.jpg


花の下では、お世話をする人たちが、一生懸命作業をしていました。
バラ祭りにむけ、大変お疲れさまです。


駅前の薔薇も満開です。

P5150185.jpg

薔薇のベンチが気持ち良さそう。
近寄ると良い香りがします。

P5150188.jpg

道の向こうは不動産とか居酒屋とか、生活感に溢れていますが。



こちらはうちの近所の花。

P5150194.jpg

鮮やかな黄色に金色のつぼみがきれいです。

P5150200.jpg

ミツバチも来ていました。
ご近所で飼っているミツバチでしょうか。

沢山蜜を運んで、良いハチミツを作って下さい。



おしまい。


ルノワール展 [お出かけ]

5月5日にルノワール展に行ってきました。

ポスターは初来日の「ムーランド•ラ・ギャレットの舞踏会」

P5050021.jpg

ずっと夜の景色だと思っていましたが、改めて見ると昼間の舞踏会でした。
木漏れ日の表現が美しいです。


こちらは国立新美術館の入り口
初夏の日差しが心地よいです。

P5050022.jpg


中にいるのは
イッセイミヤケのオブジェ

P5050024.jpg

ゴールデンウイークの週末だけに相当の混雑を予想していましたが
思いのほか人が少なく、ゆったりと鑑賞する事ができました。
みんな伊藤若冲に行ってしまったようです。


今回は年代別ではなく画題毎にまとめた展示でしたが
若い頃から最晩年までの作品を追うが出来ます。

20.jpg
陽光のなかの裸婦(エチュード、トルソ、光の効果)

こちらは印象派最盛期、ムーランドラギャレットが描かれたころの裸婦


22.jpg

《浴女たち》

こちらは最晩年の裸婦
同じ作者の裸婦でも較べてみるとこれだけ違います。
なんだかとても幸せそう。とても手が動かない状態で描かれた作品とは
思えません。


幸せといえば

img_mabuchi.jpg
《乳飲み子(ルノワール夫人と息子ピエール)》

幸福感と愛情にあふれています。


cat_img03.jpg


あと、ネコかわいい。



おしまい



伊藤若冲展 [お出かけ]

5月2日はお休みをいただいて
東京都美術館の伊藤若冲展を見て来ました。

P5020044.jpg

ゴールデンウイーク中とはいえ平日なのでそんなに混んではいないだろうとか
思っていたら全然甘かった。
皆同じ事を考えているようで、行列は80分待ちでした

既にチケットを購入しているので、諦める訳にもいかず。
会場でも人の頭を見るようでした。

それでも作品は圧倒的な力強さと美しさ
一方で肩の力の抜けた軽妙な作品もあります。

印象的なのはやはり鶏。

Itoujakutyuu1s.jpg

生き生きとして動き出しそうです。


鶏以外の鳥もいます。

Itoujakutyuu2-2.jpg

動物だけでなく植物も。

20060831232217.jpg


若冲はとても信心深い方でこれらの絵はすべて相国寺に寄進したそうです。


cc25a4fc806a696994a6ba212b186454.jpg

相国寺には釈迦三尊像が残っているそうです。

もうひとつ大混雑が予想された恐竜展は、流石に学校がある日だけあって
行列はありませんでした。
しまった、こっちだったか。


おまけ

GWは暖かくなって、近所の川にはヘビが泳いでいました。

201605011542000.jpg

たぶんシマヘビ

おしまい



開花宣言 うさぎやカフェ [お出かけ]

東京に開花宣言が出た日
上野公園にいました

P3210064.jpg

随分咲いている、と思ったらこれはソメイヨシノとは違う品種



花見の主役のソメイヨシノはやっと花が開き始めた所でした

P3210069.jpg

P3210071.jpg


そして美術館では春らしくボッティチェッリ展開催中
日本初の本格的回顧展で、4月3日までとのこと。

P3210062.jpg



20160117223648.png
東方三博士の礼拝
主な登場人物のモデルはメディチ家の人々、右端でこちらを向いているのが
ボッティチェッリです


augustinus.jpg
書斎の聖アウグスティヌス
聖アウグスティヌスは4~5世紀キリスト教の神学者。聖ヒエロニムスに助言を求める手紙を出したところ、書斎に光が満ち、ヒエロニムスの声が聞こえたという。知性と神秘がぶつかる場面
だそうです。



20160117225750.png
シモネッタ・ヴェスプッチの肖像
フィレンツェで「当代一の美女」と謳われたシモネッタ・ヴェスプッチの肖像です
ボッティチェッリはシモネッタの肖像を何枚も描いています。
ヴェスプッチはアメリゴ・ヴェスプッチのヴェスプッチだそうです。



ラ・プリマベーラはありませんでしたが
フィレンツェの春を堪能いたしました。


美術鑑賞の後は、お花見の始まった上野公園を散歩しつつ

うさぎやカフェに行ってきました。

P3210081.jpg

あんことハワイの水をメインにしたカフェだそうです。

P3210077.jpg

日本酒うさ氷というかき氷に惹かれましたが、
寒かったので、おしるこセットを頼みました

うさぎや自慢のアンコでつくったお汁粉を最中の皮につけていただきます。
とても暖まりました。

P3210078.jpg

入ったときはガラガラだったのに、いつの間にか満員になって
外で待っている人も。人気店でした。


そして最後は
いつものうさぎやで、どらやきのお土産購入。

P3210083.jpg

いつもより相当混んでます。


おしまい


メッセージを送る